テックストーリーの想い

伝える × さがす × つながる

 

 

探していた会社が見つかるビジネスマッチングサービス

 

 

テックストーリーはIT企業の技術情報を元にしたBtoBのビジネスマッチングサービスです。
「伝える×さがす×つながる」を軸とした継続効果の高い情報発信を実現。企業の情報やエンジニアの想いをもっと世の中の企業に届けたい。そこにはきっと新しい商流が生まれるはず。伝えたい企業と探したい企業をすぐにつなぐ、それがテックストーリーです。


ユーザー企業が開発を手がける際は、まず経験や技術がある会社に相談をしたいはず。そしてニーズを分析して、パートナー会社を調査して、打ち合わせ重ねて技術与信をします。

 

これまで数ヶ月を要したパートナー探しが、テックストーリーを利用することによって瞬時に望んだ企業、チームを見つけることができます。

 

 

 

 

IT業界の大きな課題、深刻な人材不足と多重請負構造

 

 

本来ITは、世の中を豊かにして幸せにするツールのはずです。ですがそれを支える日本のIT人材は海外に比べ年々ひっ迫しており、経済産業省が発表した”IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果”によれば、2020年には30万人、2030年には59万人もの人材が不足するとされています。そして、その原因のひとつに深刻な多重請負構造があるのは明らかです。

 

多重請けの場合、末端の会社の利益は薄くなり、商流の下位に属する企業や人材への対価は圧迫されます。その結果、日本の多くのエンジニアがこの業界を去ってしまうという歪な構造があります。IT業界は長らくこの事業構造を良しとしてきました。


テックストーリーは、企業と企業、又は企業とエンジニアを「直接」つなぎ、更には企業と求職者をつなぐことで、IT業界の課題を解決するサービスにしたいという想いがあります。

 

ユーザー企業にとっては、パートナー探しと多重請負構造を脱した「直接取引」により劇的なリードタイムの短縮を実現。エンジニアにとっては多重請けの中にいるとできない”お客様の要望”を直接自分たちで感じることができる環境を提供する。また、IT業界へ就職や転職を志している方や興味を持っている方に対しては、開発チームの生の声を伝えることでその会社の雰囲気や実績、オフィスの風景を知ることができます。テックストーリーは働く人達が働きやすい業界にするための支援プラットフォームです。

 

テクノロジーでみんながワクワクする未来を作り出す。だからこそ、私たちは働く人たちがワクワクしながら仕事ができる環境を作っていきたい。そして、そういう集団が手を取り合い輪になって世の中を豊かにしていく、これがテックストーリーの想いです。

 

green

運営事務局

2018.05.01