株式会社GFS

自社サービス事業を持つソフトウェア開発会社が私たちの理想!中小企業をITで支援するマッチングサービス「ITお助け本舗」の運営や、理化学分析装置の解析ソフト、小脳のトレーニング装置などを提供しています。※当社は2016年7月1日より法人名を「有限会社グッドネス」から「株式会社GFS」に変更して更なる発展を目指しています。

東京都港区芝

http://e-gfs.co.jp

代表挨拶

代表挨拶

GFSは、開業2015年のまだ新しい会社です。 当社は、ソフトウェア開発を事業の柱とし、自社製品やベンチャー支援など幅広く事業を展開しています。

私たちが手がけるすべての事業に共通していること。 それは、ソフトウェア開発企業だけで満足しない、新しい事業を作り出していくことにあります。

AIが一般化した現在、工場や事務系の人々は働く場を失いつつあります。私たちソフトウェア業界も例外ではありません。AIを作った業界だからこそ、人間らしい働き方や生き方を見つけ出し、人々を幸せにする事業を目指す。そんな先駆的な企業になれたら、これ以上の幸せはありません。

そのために、「挑戦」、「超戦」、「長戦」3つの「CHOSEN」をキーワードに 新しいソフトウェア企業の形を作り出すことを社員一丸となって努力していくことをお約束します。

インタビュー

ポートフォリオ

比べて、選べる、利用者数№1のITサポーター紹介サイト「ITお助け本舗」を運営しています。

効率的で、安心なITサポータ選びの方法として、これまでにないWebサイトからの検索がご利用されています。 厳しい審査をクリアした優良ITサポータを中立の立場でご紹介しています。予算や条件に合うITサポータの中から、ぴったりのITサポータを選べます。
ITサポータの評判、クチコミも掲載。ITサポート事例や、ITサポートを成功させるためのノウハウを多数掲載しています。

比べて、選べる、利用者数№1のITサポーター紹介サイト「ITお助け本舗」を運営しています。

効率的で、安心なITサポータ選びの方法として、これまでにないWebサイトからの検索がご利用されています。 厳しい審査をクリアした優良ITサポータを中立の立場でご紹介しています。予算や条件に合うITサポータの中から、ぴったりのITサポータを選べます。
ITサポータの評判、クチコミも掲載。ITサポート事例や、ITサポートを成功させるためのノウハウを多数掲載しています。

「Discrim-Mass for Rigaku」
理化学分析装置の解析性能向上を可能とする 対話型解析支援ツールです。

ソフトイオン化質量分析装置をターゲットとし、煩雑なデータ処理や 多変量解析プロセスを自動化しました。 ポリマーブレンド品などの混合組成も評価可能です。 熱物性データとのクロスチェックにより高い分析精度を実現しました。 残差解析機能により微量な添加剤の違いを比較分析することができます。

「Discrim-Mass for Rigaku」
理化学分析装置の解析性能向上を可能とする 対話型解析支援ツールです。

ソフトイオン化質量分析装置をターゲットとし、煩雑なデータ処理や 多変量解析プロセスを自動化しました。 ポリマーブレンド品などの混合組成も評価可能です。 熱物性データとのクロスチェックにより高い分析精度を実現しました。 残差解析機能により微量な添加剤の違いを比較分析することができます。

「SPEXA」
(Spatial Expression Adapting System)
脳の行動適応性を数値化し、同時に適応機能を調整します。 脳内での視覚空間の座標表現と運動制御の座標表現の差を測定し、 2つの座標表現の差が小さくなる過程をモニタリングすることで 脳内の適応性を計測します。

繰り返し動作により2つの座標表現の差を補正する機能を強化し、 脳の行動適応性をトレーニングするソフトウェアです。

「SPEXA」
(Spatial Expression Adapting System)
脳の行動適応性を数値化し、同時に適応機能を調整します。 脳内での視覚空間の座標表現と運動制御の座標表現の差を測定し、 2つの座標表現の差が小さくなる過程をモニタリングすることで 脳内の適応性を計測します。

繰り返し動作により2つの座標表現の差を補正する機能を強化し、 脳の行動適応性をトレーニングするソフトウェアです。

ストーリー

2018.02.22

ito