スマートエネルギーハブ「Nature Remo E」を発表

エネルギーを自給自足できる社会の実現のための安価で汎用性の高いHEMSコントローラ

 

Nature Japan 株式会社(代表取締役:塩出晴海 所在地:東京都渋谷区)は、太陽光発電システム、蓄電システム、スマートメーター等のECHONET Lite対応機器をインターネットに繋いでスマート化するスマートエネルギーハブ「Nature Remo E (ネイチャー リモ イー)」を発表します。正式発売は2019年夏頃を予定しています。

 

公式サイト https://nature.global/nature-remo-e
イメージ動画 https://youtu.be/7tyAO8pgy4U

 

 

このページについて

配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、テックストーリーが取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

配信元:PR TIMES

リリース発行企業:Nature Japan株式会社

 

 

スマートエネルギーハブ「Nature Remo E」を発表の画像

 

 

近年、自家用の太陽光発電システムや電気自動車の普及が加速化しており、大規模発電の代替となる分散型電源として期待されています。当社のビジョンは、インターネットとセンサー技術を活用し、分散型で再生可能な電源を普及させ、エネルギーを自給自足出来る未来を創造することです。本製品は、当社がこれまで生活インフラであるスマートリモコン「Nature Remo」で培ってきたの技術・実績をもとに開発した、安価で汎用性の高いHome Energy Management Sysytem(HEMS)を実現します。

 

Nature Remo Eのイメージ画像

 

 

【Nature Remo Eの特徴】
■エネルギーマネージメントを手軽に実現
Nature Remo Eは、これまで敷居の高かった家庭のエネルギーマネージメントを手軽に導入できるデバイスです。様々なメーカーの蓄電システム、太陽光発電システムに対応し、電力使用の最適化をサポートします。

 

アプリイメージ画像

 

 

■簡単に操作できるアプリ
Nature Remoアプリで、ご家庭の蓄電システムをコントロールしたり、電力の消費状況や太陽光発電システムの発電状況をリアルタイムに知ることができます(外出先からも操作可能)。また、発電量や売電量、買電状況をグラフで確認することができます。

 

当社は、本製品を以下の展示会で披露します。

スマートエネルギーWEEK内 国際スマートグリッドEXPO
会期:2019年2月27日~3月1日
会場:東京ビッグサイト(ハンファQセルズブース内)

 

 

【Nature Remo E 製品概要】
発売時期:2019年夏頃(予定)
定価:2〜3万円(予定)
対応製品:太陽光発電システム、蓄電システム、スマートーメータ等のECHONET Lite対応機器
通信規格:Wi-SUN、BLE、Wi-Fi 802.11b/g/n (2.4GHz)
対応OS: iOS 10.0以上、Android 5.0以上

 

 

【Nature Japan 株式会社 について】
会社名:Nature Japan 株式会社(ネイチャー ジャパン カブシキガイシャ)
代表取締役:塩出 晴海(しおで はるうみ)
事業概要:Nature Remoシリーズの企画、開発、製造、販売及び同製品を活用した電力事業

 

 

【このリリースに関する問い合わせ先】
Nature Japan 株式会社  pr@nature.global

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

【提供:PR TIMES】

 

 

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

まだデータがありません。

関連マガジン