オンラインで印鑑証明書や登記簿謄本を取得できる「Graffer法人証明書請求」を公開しました

行政手続きの効率化サービスを手掛ける株式会社グラファー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石井大地、以下「グラファー」)は、従来より提供していた「Graffer法人登記簿謄本取寄せ」に印鑑証明書のオンライン郵送機能を追加し、「Graffer法人証明書請求」としてリニューアル公開いたしました。

 

 

このページについて

配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、テックストーリーが取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

配信元:PR TIMES

リリース発行企業:株式会社グラファー

 

 

オンラインで印鑑証明書や登記簿謄本を取得できる「Graffer法人証明書請求」を公開しましたの画像

 

 

【Graffer法人証明書請求のサービス概要】
2018年1月にリリースした「Graffer法人登記簿謄本取寄せ」は、約1年で1,500を超える企業・団体等のお客様にご利用いただきました。当社が行ったお客様アンケートでは、96%の方が「このサービスを知人に薦めたい」と回答しております。
「Graffer法人登記簿謄本取寄せ」ではこれまで、紙の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)をネットから請求する「法人登記簿謄本の郵送」と、登記情報の記載されたPDFを当日もしくは翌営業日中にダウンロードできる「特急PDF」の2つの機能を提供してまいりました。
今回、こちらの2つの機能に「法人印鑑証明書の郵送」機能を加える形で、「Graffer法人証明書請求」としてリニューアルを行いました。

 

 

【印鑑証明書をGraffer法人証明書請求を使用して取得するメリット】
印鑑提出者または代理人が法務局へ行く場合、往復の移動時間等を含め2〜3時間ほどの時間がかかり、郵送請求の場合でも様々な郵送物の準備に多くの時間が必要となります。
法務省の申請用総合ソフトを用いたオンライン申請を行う場合でも、初回利用時は専用ソフトのインストールを行い、インターネットで調べながら難しい操作をする必要がある上、インターネットバンキングもしくはATMでの手数料納付を行わなければなりませんでした。
「Graffer法人証明書請求」で印鑑証明書を請求する場合、電子証明書を既にお持ちであれば初回注文で10分前後、2回目以降の注文では数十秒で手続きが完了します。従来の申請用総合ソフトを用いたオンライン申請と違い、専用ソフトのインストールは必要なく、クレジットカードでの決済も可能なので、オンラインで全ての手続きを完結することができます。

 

 

【株式会社グラファーについて】
グラファーは、「テクノロジーの力で民主主義を拡張する」というヴィジョンのもと、インターネットとテクノロジーを活用し、様々な行政手続きを効率的に行える各種サービスを開発・提供しているスタートアップ企業です。

 

 

【Grafferサービス】
◆行政手続き情報メディア「くらしのてつづき」
https://ttzk.graffer.jp
◆手続き書類のオンライン作成・印刷・郵送「Grafferフォーム」
https://forms.graffer.jp/
◆法人印鑑証明書のオンライン請求「Graffer法人証明書請求」
https://registry.graffer.jp/

 

 

【株式会社グラファー】
所在地: 東京都渋谷区神宮前2-3-10 ヒルトップ神宮前ビル2F
代表者:石井 大地
設立: 2017 年7月18日
資本金:50,000,000円
URL:https://graffer.jp/
お問い合わせ:pr@graffer.jp

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

【提供:PR TIMES】

 

 

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

まだデータがありません。

関連マガジン