無償のWebプログラミングツール「プログラムランド」リリース

旧来のWebプログラミング環境をアップデート、実機ロボットへの転送にも対応

 

ロボット関連製品の開発・製造・販売を行うヴイストン株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:大和信夫)は、Web上でのロボットプログラム作成に対応した無償ツール「プログラムランド」をリリースします。

 

 

このページについて

配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、テックストーリーが取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

配信元:PR TIMES

リリース発行企業:ヴイストン株式会社

 

 

無償のWebプログラミングツール「プログラムランド」リリースの画像

Webプログラミングツール「プログラムランド」

 

 

プログラムランドは、Webブラウザで動作するScratch(※1)スタイルのブロックプログラミングツールです。ブラウザベースのため、PC、スマートフォン、タブレットなど多様なプラットフォームで利用でき、また、PCやスマートフォンなどへのソフトのインストールも不要です。画面上にシミュレータ機能を備え、あらかじめ用意された「目的の位置まで移動する」「☆マークをすべて取る」「ライントレースする」等の課題をクリアすることで、ロボットのプログラミングを楽しく学習することができます。

 

メイン画面の画像

メイン画面

 

 

今回追加された実機への出力機能は、プログラムランド上で作成したプログラムを、ビュートレーサー、ビュー
トローバーH8、ビュートローバーARM に付属のGUI ソフトウェアBeautoBuilder(※2)用のファイルとして出
力することで利用できます。出力したファイルをBeautoBuilder から各ロボットへ書き込んで実行できるほか、
ブロックのGUI とフローチャートのGUI とでの比較学習なども可能で、多様化するロボットプログラミング学習
環境のニーズに効果的に対応します。
また、ヴイストン株式会社が直営する「ヴイストン ロボットセンター 秋葉原店」では、プログラムランドを利用
したワークショップの定期的な開催を予定しています。主にプログラミングの初学者を対象とし、学校教育におけ
るプログラミングの必修化に対応した学習内容を継続的に展開します。

 

左:タブレットでの利用も可能、 右:ビュートレーサー、ビュートローバー向けプログラムへの変換イメージの画像

左:タブレットでの利用も可能、 右:ビュートレーサー、ビュートローバー向けプログラムへの変換イメージ

 

 

​実機への出力機能については、ヴイストン株式会社製の普及型ロボットプラットフォーム「Sota(ソータ)」など、今後も対応機種を追加して参ります。

 

【動作環境】
対応ブラウザ:HTML5に対応したブラウザ(例:Edge、Chrome、FireFox、Safari、
       Opera、InternetExplorer11)
動作端末例:WindowsPC(7/8/8.1/10)、Surface、Macintosh、iPad/iPhone、Android
      その他、対応ブラウザが動作可能な環境
操作方法:マウス・タッチパネル、キーボード・ソフトウェアキーボード
注意事項:iOSでは、作成したプログラムの保存・読み込みができません。
     InternetExplorer11では、ブザーが鳴りません。
※製品の仕様は予告無く変更する場合がございます。

 

製品ページ:https://www.vstone.co.jp/products/programmaster/index.html

 

ヴイストン株式会社

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

【提供:PR TIMES】

 

 

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

関連マガジン