野生動物写真家 野口純一氏の新たな挑戦、ソニー「α」と臨んだアフリカ撮影に密着ドキュメンタリー動画「α Universe 野生動物写真家 with α」を公開

α Universeスペシャルサイト URL:
https://www.sony.jp/ichigan/a-universe/next_camera/

 

 

 ソニー ミラーレス一眼カメラ「α」 は、12月4日(火)からWEBサイト「α Universe」のスペシャルサイトにて、ドキュメンタリー動画「α Universe 野生動物写真家 with α」を公開いたします。
 「α」は日本のカメラグランプリ、欧州のEISAアワード、そして世界の専門誌・専門家が選ぶTIPAアワードなど数々の栄誉ある賞を受賞し、カメラで表現する人々から多くの支持をいただいています。
 今まで一眼レフでの撮影を主としていたが、今後の新たな相棒としてミラーレス一眼カメラ「α」を選んだ野生動物写真家 野口純一氏。本動画はアフリカ ケニアの大地に息づく野生動物たちを撮影する野口純一氏に密着したドキュメンタリーとなっています。
 「α」の挑戦し続ける姿勢に共感し、今回を自身の新たな挑戦と位置付ける野口氏。
 本能のままに強く生きるアフリカの野生動物、1秒後の動きは誰も予測できません。その中で「α」を手に動物の動きを予測する鋭い洞察力で、瞬間の中にある理想の一枚に全力を注ぐ野口氏。野口氏は今回の挑戦で「α」をどう思ったのか。なぜ新たな相棒になり得たのか。
 野口氏が今回撮影した作品と、ご自身の言葉で語っていただきました。

 

 

このページについて

配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、テックストーリーが取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

配信元:PR TIMES

リリース発行企業:ソニーマーケティング株式会社

 

 

野生動物写真家 野口 純一

 

野生動物写真家 野口 純一の画像

 

 

1968年、埼玉県生まれ。北海道在住。2輪、4輪のエンジニア時代にバイクツーリングで訪れた北海道に惹かれ、2000年に移住。キタキツネの撮影をきっかけに、2002年より写真家として活動を開始。北海道を中心に国内外の野生動物を撮影し、雑誌やカレンダー等の各種媒体に作品を提供。野生動物に関する深い知識と豊富な経験に基づく的確で粘り強い撮影スタイルから生み出される、力強く美しい作品には定評がある。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。

 

 

野口純一氏コメント
 長いあいだ野生動物を追い続け、撮り続けてきた。今までの自分をさらにひとつ上回る写真が撮りたい。新たな挑戦の相棒として選んだのは、αだった。カメラの常識を打ち破り、新たな表現を実現してきたソニーのミラーレスとならこれまでの自分を超えられると直感した。
 とっさの状況に気づけばシャッターボタンを押していたが、私の反射神経を超えるほどのαのスピード性能は大いに撮影を助けてくれた。高い描写力が野生動物たちの命の輝きを眩しいほど繊細に映し出す。
 決定的な瞬間にも対応し、長時間の撮影にも耐えられるαは集中力を高めてくれる。表現の幅を広げてくれるレンズの豊富なラインナップも心強い。
 αだから、今までと違いカメラの存在を意識することなく自然体で野生動物と向き合えた。私に自信を与えてくれるαとなら、これからも自分を超えていける。そう確信した。

 

 

野口純一氏撮影作品と動画内キャプチャ

 

ヌーの画像

 

写真の主役は、チーターではなく襲われているヌー。
突然5頭のチーターにのしかかられるもまだ立ち続け、
恐怖に見開かれたヌーの目に着目しました。

 

 

ライオンの争い画像

 

野口氏が今まで撮影したことのなかった
雄ライオン同士のプライドをかけた争い。

 

 

αイメージ画像

 

野口さんの画像

 

野生しまうまの画像

 

撮影の画像

 

撮影の画像2

 

野口純一さんの言葉の画像

 

 

α Universeスペシャルサイト URL:
https://www.sony.jp/ichigan/a-universe/next_camera/

 

 

αシリーズ情報
 過去の常識にとらわれずまだ見ぬ映像表現を生み出すために。ソニー「α」は誇りをもってミラーレスの技術を磨き上げてきました。表現者の集中を妨げない「ブラックアウトフリー高速連写」。狙った人もを捉え続ける「瞳AF」。一眼カメラの常識を変えたその革新は専用設計レンズ、イメージセンサー、画像処理エンジン、ソフトウェアアルゴリズムを自ら開発してきたソニーこそが実現できたこと。一筋に究め続けることで築き上げたαのミラーレスカメラシステム。この新たな映像表現はこれからも表現者の期待に応え続けます。※機種によって仕様が異なります

 

カメラレンズの画像

 

αのイメージ画像

 

 

第3世代フルサイズミラーレス ベーシックモデルα7Ⅲの実力
●高画質
有効約2420万画素、常用ISO感度最高51200、15ストップの高ダイナミックレンジ
●スピード
693点位相差検出方法AF、425点コントラスト検出方式AF、瞳AF(AF追随)、
最高約10枚/秒連写(AF/AE追随)
●機動性
質量565g(本体のみ)、約126.9(幅)×95.6(高さ)×73.7(奥行き)mm、
サイレント撮影(連写時も対応)、ボディ内5軸手ブレ補正、デュアルスロット
●スタミナ
最大撮影可能枚数710枚 ※USB充電/給電 ※液晶モニター使用時(CIPA基準準拠)
●専用設計レンズ
フルサイズミラーレス専用設計レンズ30本

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

【提供:PR TIMES】

 

 

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

関連マガジン