簡単な質問に答えるだけで最適資産配分を提案・実行。FOLIOの『おまかせ投資』

テーマ投資に加えてロボアドバイザー導入で“未来の投資”を加速

 

株式会社FOLIO(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:甲斐 真一郎、以下FOLIO)は、質問に回答するだけで、カンタンに自分に最適な方法で資産運用ができるオンライン投資サービス『おまかせ投資』を2018年11月2日(金)より提供開始いたしましたので、お知らせいたします。

 

https://folio-sec.com/omakase

 

 

このページについて

配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、テックストーリーが取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

配信元:PR TIMES

リリース発行企業:株式会社FOLIO

 

 

簡単な質問に答えるだけで最適資産配分を提案・実行。FOLIOの『おまかせ投資』の画像

 

 

 先行してサービスの提供を開始している自分の興味や関心のあるテーマに投資ができる『テーマ投資』では、10社の日本企業に分散投資できますが、『おまかせ投資』では世界中の株式や債券などに幅広く分散投資することで、世界全体の長期的な経済成長を資産運用に取り入れることができます。このようにFOLIOでは、今まで投資を経験したことがない人が、『テーマ投資』からでも、『おまかせ投資』からでも気軽にプロレベルの資産運用を行えるようになりました。

 

 アクティブ投資を楽しんでいただくための『テーマ投資』に加えて、完全おまかせでパッシブ(インデックス)投資を行える『おまかせ投資』サービスのリリースにより、FOLIOではアクティブ投資とパッシブ投資をシームレスにつなぎ合わせた“トータルアセットマネジメント”を実現しました。個人の好みや状況に応じて、自分に合った資産運用方法を選べるサービスを展開してまいります。

 

 一般的に自分に合った本格的な資産運用を行う場合は、「資産運用の計画→金融商品の選定→商品の購入→モニタリング→メンテナンス…」など、たくさんの手間と時間がかかります。
 それに対してFOLIOが提供する『おまかせ投資』では、あなたの代わりにFOLIOが独自開発したロボアドバイザーが資産運用を自動で行います。年齢・年収・預貯金の3つの簡単な質問に答えるだけで、利用者個人が“どれくらいの変動性に耐えられるか(=リスク許容度)”を測定します。タイプ別に個性が違った5体のロボアドバイザー「おまかせブラザーズ」が、利用者個人に最適な国内外の株式や債券などの資産配分を提案し、実行までしてくれます。

 

おまかせブラザーズの画像

 

おまかせ投資フローチャートの画像

 

 

FOLIOの『おまかせ投資』の3つの特徴

1. 投資未経験者でも、完全自動でプロレベルの資産運用ができる
 FOLIOが提供する『おまかせ投資』は、10秒で終わる資産運用プランの診断を行うだけで、ライフステージや金銭的余力に応じ、金融工学理論に基づいた一人ひとりに最適な金融商品の組み合わせが提案され、簡単に資産運用が始められます。運用開始後の資産は自動で最適なカタチに調整(リバランス)されるので、一度資産運用を開始したら原則として特に何もする必要はありません。

 

2. 最低投資金額10万円、手数料は年率1%(税抜)
 海外のETF(上場投資信託)を利用することで、世界の金融資産への分散投資を10万円から行うことができます。また、手数料は、お預り資産の年率1%(税抜)です。ただし、運用額が3000万円を超える部分には、年率0.5%(税抜)の割引料率が適用されます。

 

3. 世界分散投資で、長期的な世界経済の成長を資産運用に取り入れられる
 世界中の株式や債券などにバランスよく投資することで、長期的な世界経済の成長をあなたの資産運用に取り入れることができます。FOLIOでは、今まで投資を経験したことがない人が気軽に資産運用をはじめられるように2つの入り口を用意しました。興味・関心や応援したいという気持ちで投資を始めたい時は、今話題のテーマに関する日本株を集めた『テーマ投資』、完全におまかせで世界経済の成長に投資する時は『おまかせ投資』、と使い分けることが可能です。

 

 

FOLIOが描く “未来の投資” の姿
 近年、世間では“人生100年時代”と言われ、「長引く老後に対しての備え」「こどもの教育資金などの将来の不安」などから投資をしたい人が増えています。調査(※1)によると、投資を行わない理由は、「投資に関する知識がないから」「投資の判断を行うことや情報収集が面倒だから」などが多数であることがうかがえます。また、「取引が面倒だった」「毎日値動きを気にするのに疲れてしまった」など実際に投資に手は出してみたものの、取引の手間から挫折してしまう人も少なくない現実があります。さらに、「働き方改革」の推進に伴い「副業」の動きは活発化すると思われましたが、実際に副業をしている人はわずか4%です。(※2)その主な理由は「体力的に余裕がないから」「時間がないから」というもので、副業には興味があるものの、物理的なハードルによって本業との両立が難しいという状況があります。

 

 FOLIOが展開する『テーマ投資』は、よりカンタンに、手軽に始められる“副業”としての資産運用という新たな投資スタイルを提供しています。また、今回新たに登場した『おまかせ投資』では、簡単な質問に回答するだけで、ロボアドバイザーが自分にぴったりな形で世界中の株式や債券などに分散投資して資産運用してくれるので、面倒な取引や日々値動きを気にする必要もありません。これらのサービスを通じて、「投資が新しいかたちの副業」と認知され、今まで馴染みがなかった「投資」を始めてみようと思う方が少しでも増えることを期待しています。

 

 さらにFOLIO は月間7,800万人(※3)が利用する「LINE」とタッグを組み、投資未経験者や投資初心者が身近なテーマへの投資を通じた資産づくりを「LINE」上から行える『LINEスマート投資』の提供を2018年10月18日に開始しました。「LINE」から簡単にアクセスが可能で、『テーマ投資』を行いながら資産づくりができる、次世代型投資サービスです。『LINEスマート投資』の登場により、「知識がない、難しそう」と投資を敬遠していた人でも、より手軽に投資をはじめることができるようになりました。この新たなプラットフォームに『おまかせ投資』を加える準備も進めています。

 

出典元
(※1)「証券投資に関する全国調査」 日本証券業協会(http://www.jsda.or.jp/shiryo/chousa/data/files/h27/H27gaiyou.pdf)「個人の資産形成に関する意識調査」 QUICK資産運用研究所(https://www.quick.co.jp/3/article/12278)(※2)「副業の「お値段」は?週末モデル6万円(日経MJ)」日本経済新聞(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35007360V00C18A9H11A00/)(※3)LINE株式会社 2018年12月第三四半期決算説明会資料より抜粋

 

 

【会社概要】

 

フォリオロゴ画像

 

社名         :株式会社FOLIO
本社所在地 :東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町4階
事業内容   :第一種金融商品取引業、投資運用業、金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会   :日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
代表者      :代表取締役CEO 甲斐 真一郎
設立         :2015年12月10日
資本金      :91億2万1636円(資本剰余金含む)2018年3月時点
URL         :https://folio-sec.com
記載内容は資料の作成時点のものです。図表やデータ等はサンプルであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。取引においては価格変動等により損失が生じるおそれがあります。契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

リスク・手数料の詳細はこちらhttps://folio-sec.com/support/terms/transaction-fees

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

【提供:PR TIMES】

 

 

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

関連マガジン