プロジェクトのメンバー募集や参加を、信頼の可視化で促進。”個の時代”のプロジェクトシェアプラットフォーム「TEAMKIT」を公開!

実績と繋がりで 「信頼」を可視化することで、これまで巡り合わなかった「縁」を創造。

 

このページについて

配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、テックストーリーが取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

配信元:PR TIMES

リリース発行企業:株式会社Lbose

 

株式会社Lbose(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:小谷草志)は、これまで「仮想コワーキングスペース」としてクローズβ運用を行ってきた「TEAMKIT(チームキット)」を、本日2018年8月20日に「プロジェクトシェアプラットフォーム」へとリニューアル。正式リリース致しました。

 

プロジェクトのメンバー募集や参加を、信頼の可視化で促進。"個の時代"のプロジェクトシェアプラットフォーム「TEAMKIT」を公開!の画像

 

TEAMKIT ランディングページ:https://teamkit.jp

 

 

■プロジェクトシェアプラットフォーム「TEAMKIT」について

 

TEAMKIT(チームキット)は、実績と繋がりで信頼を可視化することで、プロジェクトのメンバー募集や参加を促進する「プロジェクトシェアプラットフォーム」です。

 

これからは”個の時代”だと言われていますが、例えばフリーランスで活動していると、

「仕事の依頼が多くきているが、 1人では抱えれきれない…。手伝ってもらう人もまわりにいない…。」

「仕事をまだまだ受けたい、大きなプロジェクトにも挑戦したい!けど、1人でやれることには限界が…。」
などの課題にぶつかることがあります。

 

これらの課題を、既存の繋がりやSNSの活用だけで解決するには、人もプロジェクトも限定的です。

 

私たちは、それに対して、これまで見えなかった「信頼」を可視化し、これまで巡り合わなかった「縁」を創造。”個の時代”に適したプロジェクトの流通インフラを作ることで、この課題を解決します。

 

teamkitがやりたいことの画像

 

 

TEAMKITで出来ること

 

01.プロフィールページの作成とシェア
TEAMKITのプロフィールページは自分のスキルや経歴、ポートフォリオ、希望の働き方、今後やりたいことなどを登録して、SNS等でシェア出来ます。

 

02.Tentを立てる・参加する
「Tent(テント)」は、プロジェクトのメンバー募集機能です。自分のプロジェクトでTentを立てることも、他の人が作ったTentに参加することも可能です。

 

03.Whoopを送る・貰う
「Whoop(ウープ)」は、繋がりを可視化するための他己紹介機能です。Whoopで書かれたあなたの紹介文もあなたの信頼です。自分の知り合いとお互いに紹介し合いましょう。

 

teamkitでできることの画像

 

 

■株式会社Lbose 代表取締役社長 小谷草志より

 

「これからは個の時代だ」と言われはじめて久しいですが、僕は個の時代だからこそ「繋がり」は信頼の証であり価値だと考えています。個の時代と聞くと「なんでも個人でこなして、自分のブランドで戦う」みたいなイメージをしがちです。ですが、本来的には一部の限られた人のためではなくて誰しもが小さくとも周りとの関係性の中で「個を活かし合うことが出来る」ということです。
とはいっても今の社会において仕事への関わり方はまだまだ限定的です。TEAMKITでは実績と繋がりで信頼を可視化することで、誰もが好きなメンバーと好きな場所で、携わりたいと思えることをするために働ける世界を目指していきます。

 

 

■株式会社Lboseについて
個人の実績や繋がりという信頼をベースに、誰もが自分の情熱を傾けられるプロジェクトを設立したり、参加したりできるプロジェクトシェアプラットフォーム「TEAMKIT」を運営。「いろいろな価値交換の方程式をつくる。」をミッションに、プロジェクトの流通インフラを創っていきます。

 

名称;株式会社Lbose
所在地:東京都中野区大和町1丁目1−65−5 高円寺KFビル2F
創業:2017年10月
代表者:代表取締役社長 小谷草志
事業内容:プロジェクトシェアプラットフォーム「TEAMKIT」の運営
URL:https://teamkit.jp/

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

【提供:PR TIMES】

 

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

関連マガジン