【IoT】家事が楽になるモノのインターネット

smile at the kitchen

【IoT】家事が楽になるモノのインターネット

 

ここ数年でIoTという言葉をよく見るようになりましたね。世間一般に浸透している言葉かと思っていたのですが、家族はよく知らずと。家事が楽になる素晴らしいものですが、確かに言葉が先に走りすぎて、いざ説明しようと思うと自分の中に落とし込めてないなと感じたので、今回はIoTについて調べてみました。最近無意識に脂肪を蓄えだしたT.Kです。よろしくお願いします。

 

モノのインターネットって?

 

恥ずかしい話ですがIoTを初めて見た時、エルオーティーと認識していました。フォントの影響なんでしょうけど、エル「L」だと思うじゃないですか。オー「o」が小文字だし「lol」とか昔はよく使っていたじゃないですか。どうでもいいですね。すいません。

 

さて、IoT【Internet of Things】とは一体なんなんだ。と初めて見た人は検索をしたのではないでしょうか。私もその一人です。ですがエルオーティー(loT)で検索したので、ポーランド航空が出て余計混乱しましたが。それでは「IoT」で調べてみましょう。

 

モノのインターネット(英語:Internet of Things, IoT)とは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。それによる社会の実現も指す。

引用:Wikipedia

 

ほとんどの検索結果で「モノのインターネット」と出てきます。いまいち掴めなくないですか。これを家族に説明しても伝わらないですよね。というより自分でも理解できていません。この文言だけでは。とりあえずパソコンがインターネットに接続されて繋がって、情報交換するということだけはわかりました。それでは今と何が違うんだと。そんな人もいるかも、さすがにいませんか。

 

要は、パソコンと一緒の考え方で問題ありません。様々なものがインターネットに繋がっている、そういう認識で問題ないはずです。例えば、私が家族に説明した時は、「今apple TVでテレビからYouTubeを見ているでしょ。それがIoT。スマートフォンでゲームやっているでしょ。それもIoT。」言い方が気にくわないようで怒られましたが。説明としては間違ってないはずです。身近なところではルンバのような「掃除ロボット」もそうですね。それでは海外ではどのような事例があるでしょう。見てみましょう。

 

 

IoT搭載の街頭でスマートシティーに

 

車と街灯

 

スマートシティーへの取り組みが多くの都市で進んでいます。その一つにアトランタではLED街頭に「シティIQ」を設置して、インターネットに接続可能なデジタルインフラ化された信号機が設置されています。実際どのようなことが出来るかというと、イベント時の交通整理、学校周辺の通学時間の速度制限、さらには交通量や歩行者状況に合わせて信号を瞬時に調整したり、将来は自動運転への情報送信などです。これはジョージア工科大学と共同でスマート道路を開発する「スマート・コリドー・プロジェクト」と呼ばれ、2017年9月に発表されました。

 

自動運転車でのトラブルも出てきたりしていますが、このプロジェクトがモデルとして成功すれば自動運転車の進化の一歩になると思います。もちろん整備は必要で完全な実現はいつになるのか私では測りきれませんが、個人的には自動運転を早く実現してもらいたいものです。

 

 

いつでもボタンひとつで注文完了!

 

その他に便利なIoTのひとつに「アマゾンダッシュボタン」があげられるでしょう。ご存知の方も多いと思います。消耗品をはじめとして飲料水や食料などストックがなくなりそうな時にボタンを押すだけで、配達してくれるサービスです。日常品の購入でわざわざサイトもしくはアプリから注文することなくアマゾンダッシュボタンを押すだけで注文完了できるのは非常にありがたいものです。私はいつもサイトで他商品と一括で注文してしまうので、この機会に導入してみようと思います。機会があればレビューしますね。

 

以前ご紹介したアマゾンエコーもIoTですよね。

詳しくは以下の記事を。

 

「Amazon Echo Spot」日本未発売のスマートスピーカーを先行レビュー!

 

AmazonEchoSpot

 

ということで、IoTについてですが、少しは理解できたのではないでしょうか。少し前から話題になっているIoT。今後私たちの生活の隅々で活躍することになるでしょう。家の中だけでなく、職場や食事処、レジャーなどと身近な存在になることは間違いありません。昔、洗濯板で洗濯をしていた母親が洗濯機を導入し、全自動洗濯機へと変わっていったように、私たちが便利になっていくことで新たな時間を作ることが出来ます。その時間を有意義に使えるようになるためにも様々なIoTが開発されていっています。

 

私たちの生活の質をあげてくれるIoTにますます期待が膨らみますね。何か新しい情報が入ったら特集を組んで記事にしてみようと思います。それではまた!T.Kでした!

 

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

まだデータがありません。

関連マガジン