【今更人に聞けない】これから伸びるAR技術とは一体?

【今更人に聞けない】これから伸びるAR技術とは一体?

 

VRという新技術が世間一般に浸透し、Play station VRをはじめとして、皆様が触れる機会が多くなったと思いますが、ARという技術はご存知でしょうか。皆様がご存知のあの有名なゲームもこの技術が使われています。そしてさらにその技術は進化しています。相変わらず知識の浅い私が調べてみたので、一緒に見ていきましょう。

 

 

そもそもARと言われてもよくわからない

 

ARとは「Argumented Reality」の略称で【拡張現実】と言われています。VRの「Vertial Reality : 仮想現実」と比べて、拡張現実と言われても初めて聞く人は現実を拡張するという認識はできても、いまいちピンとこない人もいるかもしれません。目の前にある現実を「仮想に拡張する」と言うと、わかりやすくなったでしょうか。ピンときた人はおそらくあの有名なゲームと紐づいたと思います。もちろんご存知の方が多いとは思いますが念のためです。

 

 

爆発的なヒットをしたスマホ用ゲームPokémon GO(ポケモンGO)

 

AR技術を使った有名なゲームはPokémon GOと言っても過言ではないでしょう。私はAR技術を利用したセカイカメラを初めて使った時はユーザーの意見が液晶画面に直接現れて感動したものですが、Pokémon GOもまた新たな衝撃を受けました。

 

いわゆるARモードというスマホのカメラで写している現実にポケットモンスターという認知された仮想世界を現実世界に「拡張」するという組み合わせが多くのファンを生み、社会現象になったのは記憶に新しいですね。私も思わず近所を散歩しながらポケットモンスターを探しました。実際にはARモードを解除した方がポケモンを捕まえやすいという問題?はありましたが。

 

ARはなんとなくわかったけどVRと何が違うの?

 

 

拡張現実のARと仮想現実のVRですが、比較される事も多いかと思われます。それでは何が違うのかというと、仮想現実のVRは、非現実をあたかも現実に近づける技術と言えば伝わるでしょうか。ポケットモンスターで例えますと、現実世界にポケットモンスターの世界を追加表現するのがAR、ポケットモンスターという非現実をあたかも現実世界のように表現するのがVRです。ARとVRは比較される事が多いので似たようなものと思いがちですが、実は対照的な技術かもしれません。

 

VRとARの使用用途は違いますが、個人的には現実世界を拡張するAR技術の方が私たちの生活に密接したサービスを提供できるのではないかと考えています。

 

 

AR技術の仕組みとは?

 

それではAR技術とは一体どういう仕組みなのでしょうか。基本的には内蔵されたカメラが基準点となる部分を読み込み、コンピューターにそのデータを送り出します。コンピューターがそのデータをもとに傾きや角度などの情報を解析することにより、映像(3D画像)をディスプレイ上に合成して表示をします。例えば新しく家具を購入する場合、この技術を用いれば、大きさや角度、傾きやデザインが自分の部屋に合うかどうか購入前に確認できます。上記のサービスは既にイケアから「IKEA Place」という家具設置アプリとしてあるので気になる方は検索してみてはいかがでしょうか。

 

 

AR技術を体感してみよう

 

現在AR技術は、ポケットモンスターをその場に出すだけでなく日常生活に紐づいて進化していっています。スマートフォンさえあれば、すぐにAR技術を体感できる有名なものをご紹介します。

 

「Google翻訳」

 

日本でも有名な翻訳サイトですよね。しかし、今回ご紹介するのはスマートフォンのアプリです。アプリを起動してカメラをかざす事によって、外国語(59言語対応 ※2018年現在)をその場でインターネットに接続せずに自動翻訳してくれます。翻訳精度も年々あがっており、このアプリがあれば外国語をなんとなく理解することが可能かと思われます。2018年現在は無料アプリなので、AR自動翻訳を利用したことがない方は是非ともダウンロードして使用してみてください。馴染みの少ない外国語も翻訳できるので、きっと衝撃を受けると思いますよ。海外旅行にも大活躍のAR技術、今後の開発に期待がかかりますね。

 

 

AR技術が実現する未来

 

 

拡張現実を使用した未来はどのようになるでしょうか。あなたはAR技術を搭載したコンタクトレンズを装着します。電車の時刻表や今日の天気が現実空間に浮かび上がります。通勤電車が遅延しているので、今日はバスでのルートはどうですか、という提案をうけたりします。昼食はどこがいいかなと呟くと、高レビューの飲食店が表示されます。過去のデータに基づいておすすめのランチの提案もあります。おっと、友人から電話だ、となると目の前に友人が現れまるでオンタイムで話すことが出来ます。相手が使っているポケットチーフを欲しいなと思えば、その場で購入することも出来ます。自分の家をまるで南国のように模様替えすることも可能でしょう。

 

もちろん私の想像ではあるのですが、私でも思い浮かべることが出来るわけですから、未来はもっと革新的なものになるでしょう。そうなる未来を想像してみてください。わくわくしませんか。子供の頃に思い描いていた空を走る車はまだ一般的には実現できていませんが、それとは別の未来テクノロジーが進化していっています。今後のAR技術の動向が楽しみですね。

 

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

まだデータがありません。

関連マガジン