エンジニアが選ぶならWindows?それともMac?

エンジニアが選ぶならWindows?それともMac?

 

 

エンジニアの皆さんは仕事でWindowsかMacどちらを使っていますか?プログラミングを主とするエンジニアの皆さんの間では、古くからWindows対Macの議論が交わされていますね。

 

もちろん使い慣れた環境や、好みの問題、会社の方針やクライアントの要望に応えるためなど、様々な要素があると思いますが、今回はこの点について取り上げてみたいと思います。

 

 

WindowsとMacの違い

 

WindowsとMacの違いについて改めて説明する必要も無いとは思いますが、それぞれ異なるOSで制御されているため、当然のごとくどちらかでしか動作しないソフトウェアや開発用のツールなどが多く存在します。

 

デザインにおいてはMacがすぐれているという認識が浸透していることもあり、デザイナーやクリエイターの多くは好んでMacを使う傾向が強いように感じますが、ことアプリケーションやゲームなどの開発においては注意が必要になってきます。

 

そもそものOSシェアの高さや、これまでの歴史を鑑みても、Windowsの方が開発用のツールやキット、アプリケーションなどが充実しています。また官公庁や金融機関、大手企業など、基盤のしっかりとしている大きな組織体になればなるほど、Windowsを推奨しているケースが多く存在します。

 

スマホアプリやサービスの開発においては少し異なります。Android版のスマホアプリ開発の場合には、WindowsでもMacでも制作可能ですが、iOS向けアプリ開発の場合はMacを選択せざるを得ない状況が多くなります。

 

 

Windowsでプログラミングするメリット

 

 

最も多く利用されているOSであり、利用経験者の数も多く、資料も多く存在しています。もちろん先輩や上司や同僚にも経験者が多くいるため、教えを請うにも最適です。

 

またソフトウェアに関しても豊富にそろっています。シェアウェア以外にフリーソフトも多く出回っていますね。

 

 

Windowsでプログラミングするデメリット

 

UNIX系のツールが使えない場合があります。直接Windows上では扱うことができず、仮想環境下のLinux上で動作させる必要があります。また、iOSアプリをビルドできないため、ビルドのみMac上で行う必要があります。

 

 

Macでプログラミングするメリット

 

 

UNIX系のツールが使えますね。RubyやPython、PHPなどの言語にはUNIX系のコマンドラインツールが豊富に存在しているのです。MacがUNIXがベースだからか、Linuxと同様のツールが充実しています。

 

また、iOS公式IDEのXcodeが使えます。iOSアプリのビルドやエミュレーターでの実行、実機へのインストールが行えます。無料配布されています。

 

 

Macでプログラミングするデメリット

 

Windowsに比べて、利用できるツールやソフトウェア資産の数が少ない点がデメリットと言えるでしょう。また何か不具合が生じた際に情報や分かる人も少ないかも知れません。

 

 

プログラミング言語で比べてみる

 

Windowsでしか使えない言語や、Windowsでしか動作しない環境などがあります。
・Visual Studio系
・VBA
・C#
・.NET(VB.NET, C#.NET, ASP.NETなど)
・Windows Serverを利用するケース
・DirectXなど(※Win以外でも可能)

 

Macでしか使えない言語ももちろんあります。Mac(iOS)でしか動作しない環境などももちろんあります。
・Swift
・Objective-C
・Apple製品のアプリを開発
※Macの方が快適なケース

 

RubyやPytonなどの言語を利用する場合にはMacの方が使い勝手が良いという傾向があります。

 

 

WindowsとMacをパソコンという視点で見てみる

 

Windows

Windowsは様々な企業から様々な製品が発売されています。仕事に必要な性能や機能だけを追求して、各パーツごとに買いそろえるBTOなども一般的になっていますね。お金を掛ければ高速化も軽量化も思いのままです。

 

仮に故障したとしても、替えのパーツがたくさん出回っているので、経済的にも効率が良いと言えます。しかし大半のWindowsPCは起動が非常に遅く、また定期的なOSの自動アップデートに悩まされたり、ウイルスの脅威におびえたりと、これまた様々な問題を抱えていることも事実です。

 

Mac

MacはAppleのみが開発・発売している製販一体型のOSでありパソコンです。イメージは「かっこいい!スタイリッシュ!おしゃれ!」こんな感じでしょう。Mac信者と呼ばれるような人も多く存在します。しかしそれだけでは無く、Macならではの利点も多く存在しているので、利用者は単に利用者というわけでは無く、Apple製品そのものの愛用者になる人が多いのです。

 

とにかくOSの起動が非常に起動が速いのが特徴です。iPhoneやiPadが起動が速いのはもちろんですが、Macも非常に高速で起動します。Windowsに慣れた人からすると、驚くほどの速度で立ち上がります。

 

これは仕事をする上では非常に大きなメリットです。モバイル環境下においては、その効果は計り知れません。打ち合わせの際などに、なかなかパソコンが立ち上がらずに機会損失してしまう、なんていうことは皆無に等しいのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

取引先の環境や、勤務先のポリシーなどで、Windowsを選択せざるを得ない場合、あるいはWindows向けのソフトウェアやアプリを開発をする場合などは、Windowsを選択することになります。

 

携帯性や機動性、デザインなどで選択するのであれば断然Macがオススメです。MacであればWindowsを起動させることもできるので、Macを持っているけど実はWindowsを利用しているのですという方も多いでしょう。

 

 

 

エンジニアの皆さんがOSや環境を選択できるのであれば、どちらを選択されますか?

 

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

関連マガジン