VR普及が本格化される2018年

VR普及が本格化される2018年

 

2018年はVRが本格的に普及していきます。ここ2、3年でバーチャルリアリティ(VR)の技術はどんどん進化していますが、2018年はVRが多種多様な業種・業界で普及していく可能性が高いと言えるでしょう。

本記事では2018年のVRの動向やトレンドについて解説します。

 

■VRの市場は年々倍増する?

 

ここ2、3年で急速に進化したVRの技術。VRは、もはや一時的な流行ではありません。急速に新しいメジャーなプラットフォームとして浮上しています。
世界のVR市場の規模は、昨年は約2千億円でした。しかし、2022年には約3兆円に成長すると予測されています。2017年は、VRという言葉を聞かない日は無かったというぐらい節目の年だったのではないかと思います。

 

 

■2018年に流行るVRのトレンド

 

この急速に成長し続けている分野では、2018年は何が起きるのでしょうか。

 

1. より入手しやすくなるVRデバイス

 

VRが広く普及することを阻害している要因のひとつがVRに用いるデバイスの価格です。これまではVRデバイスは多くの人が買える価格帯ではありませんでした。
VRデバイスに5万円程度かかるだけでなく、スペックが高いコンピューターも必要となっていました。

 

しかし、この数年の間にデバイスも多様化し、スマートフォン向けのVRゴーグルに至っては数千円で入手することも可能になってきている状況です。スマートフォンをVRゴーグルに装着して使用するタイプのものですが、最安値では1,000円を切る価格で販売しているお店もあるようです。

 

 

2. より使いやすくなるVRデバイス

 

ただ入手しやすくなるだけではなく、接続方法や使用方法などが簡単になったVRデバイスが2018年には登場することでしょう。ユーザーが利用するまでの手順を如何に減らせるかがポイントとなるでしょう。先にも挙げたように、スマートフォン向けのVRゴーグルなどは非常に使い勝手も良く、普及に貢献しているようです。

 

昨年末には最大手コンビニが、クリスマス商品の特典として、紙で作るVRゴーグルをプレゼントしたりしていました。大物アーティストのプロモーションムービーが見られるという特典付きでしたが、これを体験された方も多いはず。価格や性能だけではなく、手軽さなども含めて、多種多様なデバイスが登場するものと思われます。

 

 

3. VRのパフォーマンスを向上させる新技術

 

現在のVRデバイスが抱える大きな問題のひとつはスペックが高いコンピューターが必要なことです。ですが、視線追跡技術を使ったフォービエイテッド・レンダリング(Foveated Rendering)は、ハイエンドのVR体験の敷居を大きく下げることになるでしょう。フォービエイテッド・レンダリングは、ユーザーが見ている箇所だけを高解像度で描画することによりGPUの負荷を削減します。同時に、周辺の描画はぼやけます。

 

このフォービエイテッド・レンダリングの良さは、最新技術が搭載された次世代のVRデバイスを待つ必要がないことにあります。
フォービエイテッド・レンダリングを用いることで、ハイエンドなVR体験へのハードルを低くすることが可能となります。

 

 

4. さらに進化したVRデバイスが登場

 

今よりさらに進化したVRデバイスが登場するでしょう。現在でもOculus Rift、HTC Vive、PS VRなど様々なVRデバイスがあります。しかし、 先ほども述べたように、これらを使用するのにVRデバイスとは別にスペックが高いコンピューターや家庭用ゲーム機などの対応ハードウェアが必要となります。

 

そこで登場したのが、スタンドアロンのVRデバイスです。既にOculus Go、Vive Focusなどが発売を控えていますが、2018年はさらに多くの企業がVRデバイス開発に動き出すことでしょう。

 

 

5. VRで得られる新しいコンテンツと体験

映画鑑賞
多種多様なコンテンツの中でも、VRと相性がとても高いのが映画鑑賞です。現在は3D映画を見るのが、映画館で得られる包括的な体験です。しかし、家庭での映画鑑賞で映画館のような体験をしたい人にとって、VRはホームシアターに代わるものとなるでしょう。

 

360°ビデオ
360°ビデオは、ソーシャルメディアで没入型の体験を共有する手段として一般的になってきています。昨年、Facebookは、360°画像やビデオのフィードへの投稿を可能にしました。メディア業界も、読者にコンテンツを提供する新しい手段として360°ビデオを利用し始めています。

 

現在は、360°ビデオを視聴する大抵のユーザは、パソコンかスマートフォンのブラウザ内に表示されたスクリーンを動かしていますが次のステップは、VRデバイスを用いることとなるでしょう。手でスクリーンを移動させる必要がなくなり、より自然な体験が可能になります。

 

教育
VRを教育に用いることはVRを成長させる大きな原動力となるでしょう。没入型の体験は、学ぶということへの興味を持たせるきっかけとなります。VR技術は、学校だけではなく医療現場や公務員、研究に従事する個人の教育にも間違いなく使われるでしょう。

 

ショッピング
現在も成長し続けるオンラインショッピングですが、VRはオンラインショッピングのさらなる成長に大きく関わることでしょう。VRをショッピングに用いることは、ユーザーに数多くの利点をもたらします。

 

世界では既にVRを用いたオンラインショッピングの事例は存在します。11月に中国の大手オンラインショッピングのアリババは、国内向けにVRを用いたオンラインショッピングを導入しました。このサービスはBuy+と呼ばれ、世界中の商品を閲覧して購入できます。会社発表では、公開後数日で訪問者が3万人となり、数週間で800万人を超えたそうです。

 

不動産
いつでも好きな時に気軽に不動産を見ることができるVRサービスが登場しています。VRデバイスを装着することで、世界中の家を見ることができます。もうすぐVRで家を決める時代がくるかもしれません。

 

 

6.スマートフォンで加速するVR

 

スマートフォンでのVR体験が加速中です。前述のとおり、手軽さと低価格を売りに、様々なデバイスが登場しています。アプリ側の制御も高性能化しています。
たとえばゴーグルを装着している状態で、画面に映る様々なアイコンをタップしたい場合、ウインクや両目を同時に瞑るなどのアクションで選択可能になるなど、ユーザービリティも大幅に向上しています。

 

 

7.圧倒的な没入感を味わえるVRスポーツやVR施設

 

VRならではの圧倒的な没入感を味わえる体験施設が多く登場しています。また、VRとスポーツを融合させた新しいスポーツイベントや競技なども続々と始まっています。これはスマートフォンなどのVRでは味わえない、体全体で感じ取ることのできるバーチャルな世界を体感できるものであり、VRの正しい進化の系譜なのだろうと思われます。

 


VRエンターテインメント空間「VR PARK TOKYO“ブイアールパークトーキョー”」


国内最大級のVRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU

 

 

8.医療などの先端技術に

 

VRは医療技術や科学技術の発展にも寄与しています。医療分野においては、実際の手術と同様の体験をVRを通じて行うことで、医師のレベル向上に貢献しています。こうした社会貢献的な役割を担っていく可能性もVRの将来像として見えてきています。

 

 

■企業はトレンドを受け入れる準備を

 

紹介したトレンドはほんの一部に過ぎません。コンピュータの新たな進化の始まりです。VRは多種多様な業界をまたいで欠かせない技術としての地位を固めつつあります。VRデバイスがスマートフォンのように、世界中の至る所で見るようになるのも遠い未来ではないでしょう。家庭や教育現場、企業のオフィスなど様々な場所に普及し、VRで得られる没入体験が人々の生活を変えていくことでしょう。

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

まだデータがありません。

関連マガジン