【速報】新しい9.7インチiPad、3月27日に発表

アップルは27日、教育市場向けに向けた新製品をシカゴ市北部にあるLane Tech College Prep High Schoolにおいて、「Let’s Talk a Field Trip」と名付けたイベントを開催しました。

イベントでは教育市場を想定した 新しい9.7インチiPad が発表されました。

 

 

この新しいiPadには従来の製品とは異なる位置づけで発表されています。
大きく5つのポイントがあります。

 

1. Apple Pencilが使えるようになった。
2. A10 Fusionチップが搭載された。
3. 教育現場にフォーカスしたiPadであること。
4. 非常に廉価であること。
5. 十分なスペックを実現していること。(ただし注意も必要)

 

1.Apple Pencilが使えるようになった。

 

このことにより、iPad(iPad Proではないことが重要)においての表現性が格段に向上することになります。スペックだけでの比較であれば、既存のiPad Pro には劣るものの、使い勝手においては優劣付けがたい領域に迫っています。iPad ProでIllustratorやPhotoshopなどを利用しているクリエイターも多いと思います。

 

また多くのアプリケーションがApple Pencilに対応していますが、たとえばドキュメントに手書きでメモを書き加えたり、ちょっとしたプレゼンの際にペンアクションの方が有利だったり、様々な利用方法があります。これらが実現できるようになったことで、従来のiPad ProとiPadとの差別化が無くなり、Proでなくてはならない、という理由が薄くなりました。

 

同時に発表された「Crayon(クレヨン)」にも注目が集まります。(Logitech製品)Apple Pencilには、書く際の筆圧やペンの傾きなどを検知する機能が搭載されており、本物のペンのような使い心地を提供できるものです。ただし価格が1万円程度かかることから、なかなかに高級品扱いでした。一方の「Crayon(クレヨン)」はApple Pencilの半額程度の価格での提供になります。違いとしては、筆圧の感知が搭載されていないこと、Bluetoothを搭載していないこと、などがあります。

 

教育市場に着目したiPadであることからも、「Crayon(クレヨン)」は生徒がiPadを使ってノートを取ったりすることを想定しての製品だということがわかります。
iPadそのものの価格が安価であることからも、小さな子供向けのツールとしても人気を博しそうです。

 

 

2.A10 Fusionチップが搭載された。

 

CPUの性能も申し分ありません。2016年に発売されたiPad Proと同程度の処理能力を誇り、前述のApple Pencilのディレイも違和感のないレベルまで到達しています。(厳密にはディスプレイのリフレッシュレートが違うため、新iPadの方が旧iPad Proより若干劣ります。※旧iPad Pro=120Hz、新iPad=60Hz)

 

従来のA9チップの上位にあたる「A10 Fusion」ですが、これは実はiPhone7世代のものと同程度の性能です。それでも旧モデルiPadと比較においてはCPU性能で40%向上、GPU性能で50%向上しているとAppleは発表しています。参考までにiPad Proに搭載されているチップは「A10X Fusion」と呼ばれるもので、今回のiPadに搭載された「A10 Fusion」とは別物です。

 

それでも速度差はそこまで大きくは感じないようです。Pad Proはプロ仕様、iPadは一般ユーザー仕様と考えれば、価格以上の価値が提供されていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

3.教育現場にフォーカスしたiPadであること。

 

今回のiPadは教育現場にフォーカスした製品であることからも、学校向けには米299ドルで提供されます。一般価格が329ドルなのでディスカウントされるわけです。

 

iPhone 8やiPhone Xと同様の高精度AR機能に対応した学習向けアプリの開発が可能になるため、今回のイベントにおいてiOS11の機能を活用した教育機関向け機能についてもお披露目されています。iWorkアプリ、Garage Band、Clipsを改良したことで、教材開発をより簡単に出来るようになるようです。Appleは教育現場向けに安価でライセンスを提供するなど、これまでも様々な活動をしてきました。

 

『スティーブ・ジョブズ(ウォルター・アイザックソン著)』において、故スティーブ・ジョブズは「テレビ、教科書、写真を再発明したい」と語っていたようですが、これが今回の発表で本格的に動き出すことになったわけですね。ただし実はアップルは教育現場においては劣勢なのです。市場においてはGoogleのChromebookが65%近いシェアを誇り、続くWindows搭載の端末が約20%程度ということでシェアを占めているのです。

 

具体的な数値は把握しきれませんが、Appleのシェアは15%を切る程度とのことで、本格的な巻き返しをしようというAppleとしての心意気も感じられます。GoogleのChromebookでは、たとえばAcerの「Chromebook Tab 10」が今回発表されたiPadと同じ329ドルの設定になっており、競争は熾烈化すると思われます。

 

 

4.非常に廉価であること

 

今回のiPadにおいては価格設定が非常に注目ポイントです。

Wifiモデル32GBで3万7800円(税別)。
セルラーモデル32GBが5万2800円(税別)。
Wifiモデル128GBが4万8800円(税別)。
セルラーモデル128GBが6万3800円(税別)。
Apple Pencil は1万800円(税別)。

 

また教育現場向けのアカデミック版では
iPadを3万5800円(税別)。
Apple Pencilは9800円(税別)。
となります。

 

上位モデルに位置するiPad Proと比べてもWiFiモデルで4万8800円の差があります。ストレージの容量の違いはありますが、非常に入手しやすい価格帯になったという印象です。

 

 

5.十分なスペックを実現していること。(ただし注意も必要)

 

これまでの記事の通り、新型iPadは十分なスペックを実現しています。ただし注意すべきポイントもあります。ますは液晶画面の性能の違いです。前述の記事でも書きましたが、リフレッシュレートの違いがあります。スペック上では解像度が違うだけのように見えますが、新型iPadではリフレッシュレートが60Hzになっています。これはiPad Proなどに搭載される、画面の書き換え速度を2倍(120Hz)にするProMotionテクノロジーや高色域ディスプレイなどが非対応になっているということです。

 

iPad ProはP3対応の高色域ディスプレイで、周囲の色に合わせて色温度を調整するTrue Tone機能を搭載していますが、新型iPadでは搭載されていません。それでも9.7インチのRetinaディスプレイは十分に美しく満足できるレベルです。実際の使用感や見た目の鮮やかさは差ほど変わらないと思えます。余程、グラフィックを専門にしているイラストレーターやデザイナーで無い限りは、この違いについては誤差の範疇だと思われます。

 

サイズについても注意が必要です。新型iPadは厚さが7.5mm。iPad Proが6.1mmなのでかなり違います。ちょっと分厚いなと思う感じでしょう。

 

またiPad Proにはキーボードなどを接続するための「Smart Connector」がありますが、新型iPadには搭載されていません。カメラもiPad Proは光学式手ぶれ補正機能を搭載した12メガピクセルが採用されていますが、新型iPadでは手ぶれ補正機能のない8メガピクセルのものが採用されています。

 

スピーカー性能もかなり違います。iPad Proでは、縦画面でも横画面でもステレオでの音声がクリアになるように設計された4つのスピーカーが搭載されています。新型iPadではLightningコネクター側に2つ搭載されたスピーカーのみです。横画面にしたときには、片側からだけ音声が流れる、という仕組みになってしまいます。ここは非常に残念なポイントかもしれないですね。

 

 

■まとめ

 

新型iPadは非常に多くの魅力を持つ話題の製品になることは間違いありません。

日本国内でも、docomo、au、Softbankが発売を発表するなど、大きな話題を集めています。ぜひその手に1台いかがでしょうか?

 

 

※追記 ( 3/28 17:11 )

いち早くSoftBank から価格が発表されました。
新しい iPad 価格のお知らせ。新しい iPad の価格について (PDF)

 

※追記2 ( 3/28 17:52 )

au からも価格が発表されています。
新しい9.7インチiPad、3月29日予約開始、4月以降発売予定 価格はこちら

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

まだデータがありません。

関連マガジン