億万長者が続出~!話題のライブコマースを解説するよ

話題沸騰中の「ライブコマース」を知っていますか?

 

一般人やインフルエンサーから芸能人に至るまでがライブ動画を配信して、視聴者はリアルタイムに質問やコメントをしながら商品を購入できるというサービスです。

新しいショッピングの在り方として話題集中しています。

 

中国では2時間で3億円を売り上げるようなインフルエンサーも登場するなど、新しいマーケットとして俄然注目が集まっています。

日本国内でも続々と参入企業が増えてきており、今後の動向にも目が離せない状況です。

 

今回は代表的なサービス事業者の紹介と、ライブコマースの魅力についてお伝えします。

 

■ライブコマースの提供事業者

日本国内の主なライブコマースサービスを紹介します。

 

1.メルカリチャンネル

https://www.mercari.com/jp/mercari-channel

運営会社:株式会社メルカリ

 

メルカリがライブコマースを始めています。

そもそも国内無双のメルカリがライブコマースでもNo.1を取るべく参入しています。

本家メルカリアプリ内に「生放送」というチャンネルを設けて、ファッションアイテムや日用雑貨に至るまで様々なジャンルの商品を販売しています。

出演者の出品物も、もちろんメルカリ内の取扱商品です。

欲しい商品があれば、画面下から詳細画面を呼び出せるので、簡単に購入できます。

 

 

2.ラッフィー

https://laffy.live/

運営会社:株式会社ディー・エヌ・エー

 

DeNAの提供するライブコマースです。

女性向けに強みを発揮しています。

ハンドメイド作家を中心としたクリエイターが、生放送で作品やその制作プロセスを配信しながら、その場で視聴者に販売もできるサービスです。

作家自ら作品の魅力を伝えられ、視聴者側も実際にそれが作成される過程を確認して、納得のいったものを購入できる点が魅力です。

 

 

3.SHOPROOM

http://www.showroom-live.com/shoproom

運営会社:SHOWROOM株式会社

 

SHOWROOMはもともとアイドルやアーティストの動画ストリーミングサービスとして成長したサービスですが、その会社がライブコマースにも参戦です。

やはりアイドルやタレントを起用している実績もあって、非常に話題性の高い商品を販売しています。

なお配信時間が限られていることや、一部年齢制限があるなど、事前の確認などが必要です。

※上記URLではSHOWROOM公式ショッピングチャンネルに遷移します。
ハートマークを押して番組をフォローすることで配信開始時にお知らせが届きます。

 

4.Live Shop!

https://liveshop.jp/

運営会社:株式会社 Candee

 

ライブコマースでは先駆け的な存在です。

自社スタジオで撮影したものを配信するなど、他とは大きく差別化を図ってきています。

ライブ配信に出演しているモデルのファッション・メイクを参考にしながら、今流行の商品をリアルタイムで購入することのできるというのが特徴的です。

「ライブ配信 × コマース × インタラクティブ」をコンセプトに、コーディネートの提案やメイクのポイントなどをライブ配信しながら、さまざまな商品のリアルタイム購入を可能にしています。

 

 

5.MimiTV

http://mimitv.co.jp/

運営会社:株式会社MimiTV

 

こちらも女性特化型です。メイクやネイルなどをわかりやすく紹介しているのが特徴です。トレンド情報やプロ直伝のメイク術、コスメ紹介など、動画ならではさまざまな情報を配信しています。

気になるものがあれば、そのまま購入することができます。

動画自体は30秒ほどの短いものも多く、サクサクと気軽に動画をみることができます。

 

 

6.PinQul

https://pinqul.tv/

運営会社:株式会社Flatt

 

優れたファッションセンスを持つインフルエンサー達が自身でデザインしたアイテムや、セレクトしたブランドのアイテムなどを紹介しています。

ライブ配信でアイテムが紹介され、配信者とのコミュニケーションを通じてアイテムに関する疑問を解決することができるようになっています。

 

 

7.BASEライブ

https://thebase.in/baselive/

運営会社:BASE株式会社

 

BASEのショップやメーカーが直接出演して商品の魅力をライブ配信しているのが特徴的です。

ショップとコミュニケーションしながら買い物ができるという取り組みが評価されているようです。

毎日10時~21時59分の間にさまざまなショップオーナーが自分のお店の商品を紹介し、実際に販売しています。

店頭でお買い物をする感覚でショッピングを楽しめるというわけです。

 

 

■そもそも話題のライブコマースとは?

 

ライブ(生放送)動画を見ながらショッピングができるようにした新しいオンラインショッピングの形です。

CtoCの側面が強い傾向がありますが、事業者が直接販売をするBtoCや、強力なインフルエンサーに企業が依頼して販売してもらうようなBtoCtoCのモデルも成立しつつあります。

視聴者はリアルタイムで出品者に質問やコメントをしながらショッピングができます。

 

ライブコマースの特徴

 

・販売者が商品の説明

・参加者は質問やコメントやいいねやスタンプなどでコミュニケーション

・販売者の任意のタイミングで商品の販売を開始

・たいていは出品と同時に売れていく

・実際の生配信において共感や理解が高まること

・周りのコメントなどで煽り感を得て購入する事

・ハートマークで盛り上がり状況を把握

・視聴人数を見ることで人気度のチェック・コメントタイムラインで出品者と購入者の意思疎通や閲覧者の参加意欲醸成

・複数商品の同時販売、メルカリでは左下ボタンでリスト表示

 

 

■ライブコマースに注目が集まっている理由

 

  • リアルタイムでコミュニケーションが取れるというUX

 

出品者と視聴者がリアルタイムにコミュニケーションが取れるという最大のUXを提供できている点が大きなポイントです。

出品者がライブ配信中に視聴者からの質問に答えたり、相手の反応を見ながら説明方法を変えるなどすることで大きなUXの提供に成功しているわけです。

 

  • 商品への不安を取り除けるという安心感

 

実演販売なわけです。

コミュニケーションを取りながら、その商品の特長を確認できたり、出品者との対比でサイズや質感を確かめることができるなど、視聴者の不安点をその場で解消できるのがポイントです。
実際の店頭でお買い物するような感覚に近いのかもしれません。

 

  • 販売する人の人気に比例する

 

ライブでの配信なので、当然向こう側には人が存在します。

その人が有名な売り子さんやインフルエンサーであれば、それだけで信頼度が増すでしょう。

モデルや芸能人なら、それだけでモノが売れるかもしれません。
本人たちが、「私も使っています!」とか「愛用してます!」といえば、きっと通常のECでは売れないようなものまで売れてしまうのでしょうね。

 

  • 数タップで商品を購入できる

 

購入までのプロセスが非常に利便性高く、快適に作られているのも特徴です。
例えばメルカリの場合、画面の下のボタンをタップすると商品リストが表示されるので、興味を持った瞬間に簡単に購入することができるようになっています。

 

  • そもそもライブ動画が盛り上がっている

 

InstagramやFacebookでライブ配信のための機能が充実されてきているという事も大きなけん引力になっています。

 

  • 回線環境やモバイル端末の性能が飛躍的に向上している

 

すでに3年ひと昔、くらいの感じで毎年ごとに通信環境や端末環境が劇的に良化しているのも原動力になっています。

動画の再生技術の向上ももちろんです。

10年前では専門の高級な機材を大量に導入しなくては実現困難だった生配信を、今ではスマホ一台でいつでも利用できるわけですから、参入障壁も低く、参加しやすい状況だと言えるでしょう。

 

  • 海外ですでに成功している

 

中国では大きく成功しているライブコマース。

1時間で億単位の収入を得る人も出てきています。

中国では偽物も広く出回っているので、信頼できる人から本物を買おう、という動きがあることも成長の一因になっているようです。

 

■まとめ

 

たくさんの事業者が続々と参入しているライブコマースですが、それぞれに特徴があります。利用する場合にはそのあたりの見極めも必要になりますね。

成功する要因を多く持つライブコマースという仕組み。

開発に係わる皆さんにとっても、いろいろなヒントが散りばめられたサービスといえるのではないでしょうか。

 

 

カテゴリー

タグ

人気マガジン

まだデータがありません。

関連マガジン